変更履歴(版の履歴)を開くショートカットキー【Googleスプレッドシート】

ショートカットキー

概説

Google スプレッドシートで資料作成していると、スプレッドシートを過去の状態に戻したいことがよくあると思います。

間違ってデータを消してしまったり、いじくっているうちに訳が分からなくなり、もう一度、過去のある地点からやり直したい時などですね。

マウス操作でメニューから変更履歴を開いてもいいですが、ショートカットキーを覚えていると、スムーズかつエレガントに変更履歴を開き、過去の状態の確認したり復元することが出来ます。

Windows、Mac、Chrome OS それぞれのショートカットキーを以下に説明します。

方法

変更履歴(版の履歴)を開くショートカットキーは、以下のキーを同時押しします。

変更履歴(版の履歴)を開くショートカットキー

Windows:Ctrl + Alt + Shift + H
Mac:command(⌘) + option + shift + H
Chrome OS:Ctrl + Alt + Shift + H
The following two tabs change content below.

松井幹登(まついみきと)

株式会社なまけもの 代表取締役、スプレッドシート道場 代表
今でこそプログラマですが、数年前まではどうしようもないフリーターでした。黒歴史をプロフィールで公開しています。システム開発のかたわら、プログラミング(GAS)のレッスンをしています。あなたがスプレッドシートを使っていて GAS って何?ってな感じだとヤバいです。絶対損しています。その理由はこちら