行・列の幅を変更または自動調整する【Googleスプレッドシート/操作方法】

2017/06/04操作方法

概説

Google SpreadSheets(スプレッドシート)において、「行・列の幅を変更」または「行・列の幅を自動調整」する方法について、以下に説明します。

方法

行・列の幅を変更する

行・列の幅を変更するには、以下の順番で操作します。

  1. 列名をクリックして列を選択 > 右クリックでメニューを開く > 「列のサイズを変更」をクリック > 列のサイズを指定して OK ボタンをクリック
    ※行の幅を変更する場合は、列ではなく、行を指定して同様の手順を踏んで下さい。

    ※列・行の選択ですが、ショートカットキーがあり、素早く行えます。
    列の選択:Windows → Ctrl + Space、Mac → control + space
    行の選択:Windows → Shift + Space、Mac → shift + space

文章だけだと分かり辛いかと思いますので、以下に図説します。

<図1>

先にも言及しましたが、列・行の選択について、列名をクリックする以外にも、ショートカットキーを実行することでも可能です。(一度覚えてしまえば、パパッとできて便利です)
列の選択:Windows → Ctrl + Space、Mac → control + space
行の選択:Windows → Shift + Space、Mac → shift + space

<図2>

<図3>

行・列の幅を変更する方法は、以上となります。

行・列の幅を自動調整する

行・列の幅を自動調整するには、以下の順番で操作します。

  1. 列と列の間の境界をダブルクリック
    ※行の幅を変更する場合は、列ではなく、行を指定して同様の手順を踏んで下さい。
    ※自動調整される幅ですが、列にある一番長い文字列の幅に合わせて調整されます。
    ※列・行の選択ですが、ショートカットキーがあり、素早く行えます。
    列の選択:Windows → Ctrl + Space、Mac → control + space
    行の選択:Windows → Shift + Space、Mac → shift + space

文章だけだと分かりづらいと思いますので、以下に図説します。

<図1>

先にも言及しましたが、列・行の選択について、列名をクリックする以外にも、ショートカットキーを実行することでも可能です。(一度覚えてしまえば、パパッとできて便利です)
列の選択:Windows → Ctrl + Space、Mac → control + space
行の選択:Windows → Shift + Space、Mac → shift + space

<図2>

行・列の幅を自動調整する方法は、以上となります。