シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

操作方法

概説

「他の人に触られたくないシートがあるので、自分や指定した人以外はそのシートを編集できないようにしたい」そう思ってこのページに辿り着かれたのではないでしょうか?

Googleスプレッドシートにはシート保護機能があり、それを設定することで、自分や指定したユーザー以外はシートを編集出来ないようにすることが可能です。

以下に詳しい設定方法を記します。

方法

シートを保護/解除するには、以下の順番で操作します。

シートを保護する

  1. 保護したいシートタブをクリック
  2. 「シートを保護…」をクリック
  3. サイドバーが開かれるので、それぞれの項目を以下のように設定し「権限を設定」をクリック
    ・説明を入力:何でもOK。分かり易い説明にするのがベター。(自分以外編集禁止など)
    ・範囲/シート:「シート」が選択されていることを確認
    ・選択ボックス:保護したいシートを選択
    ・特定のセルを除く:特定のセルは保護対象外にしたい場合はチェックし、セル範囲を選択
  4. 「範囲の編集権限」ダイアログが開かれるので、それぞれの項目を以下のように設定し「完了」をクリック
    ・この範囲を編集するときに警告を表示する/この範囲を編集できるユーザーを制限する
     →前者はあくまで警告を表示するだけ。編集自体は可能。
     →後者は編集自体を不可にする。
     →目的に応じてどちらかにチェック
    ・選択ボックス:「自分のみ」で自分だけが編集可能。ユーザーを指定したい場合は、「詳細設定…」から設定

シートの保護を解除する

  1. 任意のシートタブをクリック
  2. 「シートを保護…」をクリック
  3. サイドバーが開かれるので「キャンセル」をクリック
  4. サイドバーに保護されている範囲の一覧が表示されるので、保護を解除したい項目をクリック
  5. 保護項目の詳細が表示されるので、保護説明の右にあるゴミ箱アイコンをクリック
  6. 確認ダイアログが表示されるので「削除」をクリック

文章だけだと分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。

シートを保護する

<図1>

手順1.保護したいシートのタブをクリック→手順2.「シートを保護...」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図2>

手順1.説明を入力→手順2.「シート」が選択されていることを確認→手順3.保護したいシートを選択→手順4.特定のセルを保護範囲外にしたい場合はチェック→手順5.「権限を設定」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図3>

手順1.目的に応じて選択→(手順2.ユーザーを制限する場合は制限するユーザーを指定)→手順3.「完了」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

シートの保護を解除する

<図1>

手順1.任意のシートタブをクリック→手順2.「シートを保護...」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図2>

「キャンセル」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図3>

保護を解除したい項目をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図4>

ゴミ箱アイコンをクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】

<図5>

「削除」をクリック|シートを保護/解除する【Googleスプレッドシート】