郵便番号から住所を自動入力する【Googleスプレッドシート】

テクニック

概説

郵便番号から住所を一つ一つ調べて手打ちするのはナンセンスですよね。

Google スプレッドシートには郵便番号から住所を検索する機能はありませんが、パソコンの入力補完機能を使用することで、郵便番号に該当する住所を自動入力することが出来ます。

以下に詳しい方法を記します。

方法

郵便番号から住所を自動入力するには、以下の順番で操作します。

  1. 全角文字で郵便番号を入力(※例:105−0011)
  2. 入力候補に住所が表示されるので、該当する住所をクリック

文章だけだと分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。

<図1>

手順1.全角文字で郵便番号を入力→手順2.該当する住所をクリック|郵便番号から住所を自動入力する【Googleスプレッドシート】

<図2>

住所が入力された|郵便番号から住所を自動入力する【Googleスプレッドシート】

The following two tabs change content below.

松井幹登(まついみきと)

株式会社なまけもの 代表取締役、スプレッドシート道場 代表
今でこそプログラマですが、数年前まではどうしようもないフリーターでした。黒歴史をプロフィールで公開しています。システム開発のかたわら、プログラミング(GAS)のレッスンをしています。あなたがスプレッドシートを使っていて GAS って何?ってな感じだとヤバいです。絶対損しています。その理由はこちら