数値の最小公倍数を取得する - LCM関数【Googleスプレッドシート】

2019/01/23数学, 関数

方法

指定した配列またはセル範囲内の数値の最小公倍数を取得するには「LCM」関数を使用します。

数値の最小公倍数を取得する
=LCM(値1またはセル範囲1, [値2またはセル範囲2, ...])
※[]は省略可
入力例:=LCM(A1:A3) ※A1:A3には[1, 2, 3]のデータが存在
戻り値:6

図説

"=LCM(値1, [値2, ...])"と入力していると、途中で関数の候補が出てきます。
「値またはセル範囲」の引数を関数に入力し、Enter キーを入力すると数値の最小公倍数がセルに入力されます。

<図1>

<図2>

The following two tabs change content below.

松井幹登(まついみきと)

株式会社なまけもの 代表取締役、スプレッドシート道場 代表
今でこそプログラマですが、数年前まではどうしようもないフリーターでした。黒歴史をプロフィールで公開しています。システム開発のかたわら、プログラミング(GAS)のレッスンをしています。あなたがスプレッドシートを使っていて GAS って何?ってな感じだとヤバいです。絶対損しています。その理由はこちら